▲ ページの先頭へ

業務内容 -Works content-

業務紹介

大規模改修工事立案施工管理

工事の品質はもちろん安全第一。事前調査、手続き、調整等はお任せください。

工事の品質はもちろん安全第一、ご近隣にも配慮した工事計画を立案いたします。
工事着工前の事前調査を行い、必要な場合は諸官庁への手続きをおこないます。
ご近隣、入居者様、テナント様へご案内、調整を行います。

仮設工事
足場の組立、解体はとても危険な作業です。
誘導員を配置、作業範囲の安全を確認の上、作業を進めます。
通行止めの協力をお願いする場合もございます。
足場には塗料の飛散防止や安全のためメッシュシートによる養生をおこないます。
そのほか出入口などの安全養生、足場からの侵入防止策として、フェンスの取付をおこないます。
侵入防止防犯システムの設置も必要に応じ行います。
補修工事
本工事はひび割れ箇所、雨漏り箇所などを補修してゆくとても大事な工事です。
この工事の出来が建物の寿命に大きく影響を及ぼします。
外壁タイル補修工事
タイルは耐久性やデザインの面で優れていますが、それでも時間が経過しますと、浮きなどの症状が現れます。
補修後はタイル目地コーティングをお勧めしております。
補修工事は大規模改修工事の中でも、騒音やほこりが多く発生する工事です。
工事中はたいへんご不便をおかけしますが、ご理解のほどお願いいたします。
塗装工事
塗料にはシンナーで希釈するものと水で希釈ものがあります。
マンションの大規模改修工事では臭気、環境などの点より、出来るだけ水系の塗料による塗り替えをお勧めしております。
鉄部については、弱溶剤タイプをお勧めしております。
また塗り替えに当たっては、ご要望がありましたら、カラ―シュミレーションで色決めのお手伝いをさせていただいております。
防水工事
ゴムシート防水
屋上防水については、種類が多種類あり、既存防水層の仕様を確認の上、工事を進めてゆきます。
改修工法は全面撤去の上、新規防水層を施工する場合と、劣化部のみの補修の上で新規防水層を重ねる場合があります。
全面撤去の場合は、撤去作業による騒音、振動、粉じんの発生があり、工事現場のみならず、ご近隣にも影響があります。
そのため、被せ工法を採用することが大半となっております。
新築ではバルコニー、廊下、階段では階下が室内でないことより、床面に防水がされていないことがありますが、大規模改修工事では塗膜防水、防滑性ビニール性シート張りをお勧めしております。
工事の際はエアコンの室外機の移動、植木やその他お荷物の移動をお願いする場合があります。
  • 塩ビ防水

  • ウレタン防水

  • アスファルトトーチ工法

  • ベランダ防水

共用廊下防水工事
  • タキロン

  • タキステップ